バイナリエディタ作成の手引き

  1. ポケモンを2匹以上(うち1匹はわざ2つ以上)入手し、バッグのアイテム欄を13個埋めつつ、ハナダシティのポケモンセンターを使用せずにハナダジム撃破までストーリーを進める(ニビジムはスルー可。詳細はこちら(直リン))。
    なお、任意のアイテム99個購入によるアイテム欄圧縮(わざ:「ネコにこばん」により実現可能)を考慮に入れず、化石を除き落ちているアイテムも一切拾わない場合、最高で10種類(ハナダシティのショップで販売しているアイテム、およびカスミの持つわざマシン11)しか集まらないため、以下のアイテムのいずれか3種類をあらかじめ入手しておく(おすすめについては、入手場所の詳細を記載)。

  2. アイテム名入手場所
    タウンマップマサラタウン(ライバル姉)
    わざマシン34ニビシティ(タケシ)
    わざマシン12おつきみやま(1F)
    つきのいしおつきみやま(1F)[隠]おつきみやま(B2F)
    マックスアップおつきみやま(B2F)
    わざマシン01おつきみやま(B2F)
    ピーピーエイド[隠]おつきみやま(B2F)
    わざマシン044ばんどうろ
    スーパーボール[隠]4ばんどうろ
    ふしぎなアメおつきみやま(1F)[隠]ハナダシティ

  3. テレポートを覚えさせる
  4. 2-1.育て屋を用いて技を2つ以上持つポケモン(以後pkmnAとする)の経験値を、256で割った余りが100となるよう調整する。

    2-2.pkmnAを先頭に置き、バッグの9番目でSELECT、戦闘中に要らない技にカーソルを合わせSELECTを入力、戦闘を終了する。


  5. 育て屋にNN:「てウんのの」を預けて引き出す。

  6. アイテム:「なかよしバッヂ」を入手する。
  7. 4-1.タマムシシティ到達前の場合、バッグの【手持ちポケモンの数+1】番目(=6未満)でSELECT、戦闘中に【手持ちポケモンの数】番目のポケモンにカーソルを合わせAを入力してアネ゙デパミ゙を入手し、その下にいらないポケモン(以後pkmnXとする)を配置しておく。

    4-2.バッグの13番目でSELECT、戦闘中にpkmnXにカーソルを合わせAを入力してアイテムの所持数を解放し、特定の座標(ハナダシティの場合、以下参照)で31番目にあるなかよしバッヂと任意のアイテム(1,2番目を除く)を入れ替える。

    4-3.マップが壊れるので、テレポート等で脱出する。

    4-4.再びバッグの13番目でSELECT、戦闘中にpkmnXと入れ替えたものにカーソルを合わせAを入力し、バッグが元に戻ったか確認する。


  8. 任意のボックスにおいて、下記NNのポケモン(種別問わず)を順番通りに用意する。

  9. 1(ANY)
    2(ANY)
    3(ANY)
    4(ANY)
    5(ANY)
    6ぜばがへず
    7ずひほぜゃ
    8がめごクク
    9ククぺゾダ
    10ごモアぜう
    11がんどぐグ
    12ていん[SPACE][SPACE]
    13じど[SPACE][SPACE][SPACE]
    14ヅあるデの

    ※バイナリ打ち込みの始点は14体目のニックネーム2,3文字目で指定

    ※空打ちを含むため、始点の下位バイトは1だけ繰り上がる点に注意(「ヅ『ある』デの」:D9B1 -> D9B2)


  10. トキワシティにおいて、以下の場所でなかよしバッヂを使用する。
  11. ※後にD9B2の値を1Eに変更するなら、使用場所は任意。また、今回は障害物が最も少ないトキワシティを採用したが、対応している座標を各自で調べられるならば場所に拘る必要はない。


  12. 壁抜け状態になるので、こちらの通りに所定の座標(以下参照)で順になかよしバッヂを使用する。
  13. ※打ち込み中にマップ変更があっても、バイナリ自体に影響はない。


  14. ハナダシティに戻り、育て屋にNN:「てうるのの」を預けて引き出した後、なかよしバッヂを使用することでバイナリエディタが動作するか確かめる。
  15. ※サファリボールの残数がプログラムに関与しているので、サファリゾーン使用時は必ずボールを使い切る、ないしは消費せずに退場する。

    ※D9B2-DF17がボックス内のポケモンを保持する領域であるから、DA5D-DF17はすべて00で埋めてしまっても構わない。

    ※起動を確認したら、DA5D-DA60に"21 38 CD C9"など、よく使うアドレスへSELECT押下でジャンプできるコードを書いておくと便利。

●操作方法

↓↑アドレスの位置+-1
→←アドレスの位置+-10
B+↓↑アドレスの位置+-100
B+→←アドレスの位置+-1000
A+↓↑アドレスの内容+-1
A+→←アドレスの内容+-10
SELECT指しているアドレスをcallしてD9B6に復帰
STARTプログラムの終了

●参考文献

○なかよしバッヂの入手

13番目のポケモンでフリーズする場合の対処法・別解 | 新々連打メモ

※見た目0xFFのポケモンは0x00でも代用可

レア怪奇道具マップ | ネオ・グリーン

○バイナリエディタ

迫真初代VC部 任意コード実行の裏技 : だいたい1Fズレ

バイナリエディタを真似して作ってみた - thfanのブログですね分かりますん


TOP